flower border

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category未分類
  •  closed
  •  closed
このブログに書いていいのかどうか悩みながらも
最近、つい介護の日記を書いてしまうのでカテゴリに『介護』を追加してみました(笑)

ここのところ、訪問・・・とつく方々にお世話になりまくっています。
訪看さんと呼ばれる訪問看護、訪問診療・・・そして訪問入浴。

先日は、この訪問入浴のサービスを受けました。
凄いですっっ!!びっくりです!!
湯船が真っ二つに分かれてやってきます・・・いやそういう事でなく~
若いお姉さん3人、若いお兄さん1人の計4名のチームですが
それはそれは無駄な時間なく、手際よく、されど注意を払いながら
父をお風呂に入れてくれましたお風呂
足の踏み場がなくなる狭い部屋な為
お風呂のへりに上ってまたいで・・・いやそういう事でなく~
とにかく若いのに素晴らしいチームワークでさすがプロのお仕事でしたキラキラ

訪問看護の人もそうですがヘルパーさんにしても
とにかくそこまでやるか!?っていう位
父の為にやってくれます。
『仕事ですからぁ~♪』とおっしゃってくれますが
いえいえ、仕事でもそこまでしてくれる方々はそういませんハナマル





これより先、よりダークです…
いつもの如く話がそれますが・・・(笑)
この秋の新番組TVをやたら観ておりますが
『流星の絆』『ブラッディマンディ』がお気に入りですが
もう1つ『風のガーデン』
その中で、緒形拳さん扮する訪問医が患者さんの自宅での最期について説く場面・・・

全くその通りです。
大きな病院は、設備も充実していますし、偉いお医者さんも沢山いて
病気の治療という点では安心していられます。

でも、父が入院していた時、ひしひしと感じたのは
病院は病気を治すところですが治らない病気の人は
入院していられないという事です。
早くベッドをあけて・・・そう感じていました。

患者がトイレに行きたいとナースコールを押しても
命にかかわらなければ『今は人手が足りない』という理由で
我慢させていました。そして時間にならなければおむつを交換する事は
ありません。それも一瞬にして殆どただ取り替えるだけです。
ご飯を食べていてボロボロこぼそうがうまくとれなかろうが
食後の薬まで見回りに来る事は殆どありませんでした。

看護婦さん(今は看護士さんですね)の中には忙しい中一生懸命みてくれる人もいましたし
何より若くて綺麗で『つけまつげしてんの?』って位びっとしっかり化粧をしている
看護婦さんに面倒見てもらえるのはとても嬉しかった様ですが(笑)
今、父の事をみてくださっているヘルパーさんや訪看さんの仕事たるや
当然といってしまえばそれまでですが時間にならなければ様子を見に来てもらえない病院と違い
患者を尊重して、様子を見ながら血のつながった父子の間柄でさえそこまでは出来ないと
思う様なあんな事やこんな事までふるーつ☆Cultivation・笑(小)やってくれます。

そのお陰もあって10月一杯といわれていた命の期限が
11月に入り、最悪な状態ながらも安定して父も穏やかに(多分)
毎日を過ごしていますキラリラ
多分、入院させていたらもういなくなっていたかもしれません。

父の若い頃に似ている植木等さん、そして緒形拳さんが亡くなったのもショックでしたが、
今日は筑紫哲也さんの訃報にびっくりしました。
みんな昭和一桁世代・・・父と同じです。
今年12月の父の誕生日はもちろん、来年の誕生日も
私の為にヾ( ̄ *)オィオィ!生きていて欲しいと切に願う今日この頃です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。